さがみなみ

相模原市南区大好きサイト

麺屋 鼎[かなえ](相模原市南区相模大野)

麺屋 鼎(相模原市南区)

 

麺屋 鼎[かなえ] とは

神奈川県相模原市南区相模大野3丁目の相模大野駅近く、モアーズの近くで営業している、幅広い人々に大人気の豚骨ラーメンの美味しいお店です。

麺屋 鼎(相模原市南区)

「麺屋 鼎(かなえ)」は、小田急線相模大野駅周辺で大人気のラーメン店の一つです。

駅に近いところに位置していて、駅を利用する多くの人々に愛されていますが、「麺屋 鼎」の特徴とも言える「豚骨臭くなくてくどくない・あっさりしているのにコクがある」といったスープの特徴から、老若男女幅広いファンがいると言われています。そのマイルドさは、お昼時にはお仕事中の方々にも重宝されているようです。

また、「麺屋 鼎」は相模原商工会議所によって選ばれる「第9回相模原お店大賞」も受賞しています。

 

 

アクセス

麺屋 鼎(相模原市南区)



公共交通機関

駅から徒歩

最寄りの駅は小田急線の「相模大野駅」になります。

駅東口から110m、徒歩2分程度とgoogleマップでは表示されています。

相模大野駅のどこをスタートにするかにもよりますが、かなり近いことは間違いありません。

大きい方の改札を出る→直進して南北通路を右に行く→ペデストリアンデッキをモアーズ方面へ向かう→モアーズの前にある階段で地上に降りる→ファミマと吉野家の間の路地に入る→到着 となります。

麺屋 鼎(相模原市南区)

駅改札を出て北口ペデストリアンデッキを右方向に向かったところです。

見えている車道をまっすぐ行くと相模大野交差点で行幸道路をこえて、相模大野中央公園方面へと至ります。(「パークサイド通り」という愛称もあります)

右に見えているのがモアーズです。

その前に斜めに見えている階段を降りていくと、陰になって見えていませんがファミリーマートがありますので、右折しますと

麺屋 鼎(相模原市南区)

こんな感じの路地に入ります、右側で光り輝いているのが「麺屋 鼎」となります。

 

麺屋 鼎(相模原市南区)

まぁこんな感じでモアーズのすぐ脇、といった感じですので、駅から非常に近いと言えるのではないでしょうか。

 

路線バス

路線バスを利用して向かう場合、「相模大野駅北口」バスターミナルで下車していただければ、あとは「駅から徒歩」と同じで全然大丈夫です。

もちろん、「相模大野駅南口」で下車しても駅の中を抜ければ全く同じで大丈夫です。

相模大野駅に非常に近いため、それ以外のバス停を使うパターンはなかなかないような気がいたします。

 

クルマ

相模大野の街ナカですので、専用駐車場などは準備されていませんが、近隣にはコインパーキングなどが多数ありますので、それらを利用することで、クルマでも「麺屋 鼎」に向かうことができると思います。

2023年12月下旬の訪問時時点では「麺屋 鼎」のお店の目の前にもコインパーキングがあります。その時点では周辺と比較して安価なように感じましたが、コインパーキングの料金はかなりの頻度で変更されますので、駐車されます際には看板の料金表記などをご確認の上ご利用いただければと思います。

 

周辺地図はこちらになります。

 

 

営業案内など

「麺屋 鼎」さんには公式WEBサイトは現在のところないようですが、頻繁に更新されているX(Twitter)の公式アカウントがあります。

営業時間情報や休業情報など随時、情報が提供されていますので、「麺屋  鼎」訪問前には是非とも確認しておきたいところです。

公式X(Twitter)アカウントによると、2023年12月末時点での営業時間は

月~木曜日 11:00~24:00
金、土曜日 11:00~25:30
日曜日   11:00~23:00

とのことです。

定休日なし、通し営業で長時間営業ということで、駅からのアクセスも合わせて、大変便利に美味しいラーメンをいただけるお店と言えると思います。

 

食べてきた

麺屋 鼎(相模原市南区)

夜21時過ぎに訪問しました。
経験上、21時台のラーメン店は一瞬ちょっと空くような気がします(個人の感想です)。

 

麺屋 鼎(相模原市南区)

入口の写真です。

入ったところに見えているのが食券の自動券売機です。

入口ドアの「営業中」の左側にもシールが貼られていますが、PayPay、d払い、auPAY、などのQRコード決済にも対応するようになりましたので、現金あまり持ち歩かない主義の方、もらったお釣りの小銭が気がつくとたまっちゃってお財布が重くなっちゃう方にも便利かと思います。

現金ではつかないポイントがちょっとでも付くのは嬉しいですよね。

 

食券を購入して着席。

 

店内はカウンター席のみ17席だと思います。

カウンター席に座ると、膝の先あたりに荷物掛けフックがあるのがとても便利でした。

自分が普段使っているリュックをかけるのにちょうどでした。

 

麺屋 鼎(相模原市南区)

お冷やのグラスがとてもかっこいいです。

 

カウンターの上段には

麺屋 鼎(相模原市南区)

味変に使える調味料がありました。

右側がニンニク、左側は辛味噌的なものでした。

どちらも投入する前にまずはラーメンをそのまま味わっていただきたいと思いますが、特に左の辛い調味料に関しては、設置されているスプーンで一杯入れたりしてしまうとかなりかなり辛くなってしまい、せっかくのスープが台無しになってしまう気がしてしまいます(個人の感想です)。

ご使用の際は少しずつ使ってみてくださいね。

 

しばらくしてやってまいりました

麺屋 鼎(相模原市南区)

どどん。

これまた美味しさ間違いなしのやつがきましたよ。

本日は「特製ラーメン」を注文しました。

 

具材は味玉、茎わかめ、チャーシュー、海苔、もやしといったところです。

そしてスープのキラキラとした輝きが素晴らしいですね。

こちら特製ラーメンは豚骨ベースのスープに魚粉が追加されていて、それでなくても美味しいスープの味わいに奥行きと広がりが加わって、3Dどころか3.5次元の味わいとなっております(?)

ちなみに今日は少々時間が遅いのでライスなどは自重しましたが、お察しかとは思いますが、ライスも非常に合います。

 

また、「麺屋 鼎」では、沢山の野菜が追加されるトッピングなどもあり、お腹のすき具合と相談しつつ、自分好みの美味しいラーメンを食べることができるのが嬉しいですね。

 

麺屋 鼎(相模原市南区)

不器用なりにがんばって持ち上げてみます。

太すぎず細すぎずの中ぐらいの太さの麺ですが、これがまたこのスープにジャストマッチングといった感じで、とても美味しいのです。

 

家系ラーメンなどではほうれん草が担当している緑色パートですが、こちら「麺屋 鼎」さんでは、茎わかめが担っています。

低カロリーな茎わかめですがアルギン酸やフコイダンなどの食物繊維が豊富に含まれ、ビタミンKやカルシウム、マグネシウムや鉄などのミネラルなども含まれています。

茎わかめは歯ごたえがあって美味しいだけじゃないんですよね。

チャーシューはとても柔らかく、味もしみていてとても美味しかったです。

 

というわけで大変美味しく頂きました。

ごちそうさまでした。

 

 

まとめ

相模原市南区相模大野にある「麺屋 鼎」について書いてみましたがいかがでしょうか。

相模大野駅のすぐそばで長時間営業している美味しいスープの豚骨ラーメンの人気店」ということが伝わったら幸いです。

気になることがみつかった方は是非当ブログ内の各ジャンルの記事にも飛んで読んでいただけたら嬉しいです。

相模原市南区に興味を持っていただき、また、この記事を読んでいただいてありがとうございました。