さがみなみ

相模原市南区大好きサイト

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区相模大野)

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

 

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店 とは

神奈川県相模原市南区相模大野3丁目の「パークサイド通り」沿い、行幸道路「相模大野」交差点の近くで営業している、いつもたくさんの人で賑わう煮干し系ラーメンの美味しいお店です。

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

「肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店」は、相模大野駅周辺で大人気のラーメン店の一つです。

お昼ごはん時や夕飯時の帰宅時間帯などには店舗の外に待ち人が何人か並んでいることが多いですね。

その名の通り「煮干し系」と呼ばれるようなラーメンを基本としながら、最近では「二郎系」のような超ガッツリラーメンも提供していて、多くのお客さんに愛されています。

また、相模原商工会議所によって選ばれる「第10回相模原お店大賞」も受賞しています。

 

 

アクセス

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

公共交通機関

駅から徒歩

最寄りの駅は小田急線の「相模大野駅」になります。

駅東口から210m、徒歩3分程度とgoogleマップでは表示されています。

相模大野駅のどこをスタートにするかにもよりますが、近いことは間違いありません。

改札を出る→直進して南北通路を右に行く→ペデストリアンデッキをモアーズ方面へ向かう→モアーズの前にある階段で地上に降りる→ファミマ吉野家の前を通り、スギ薬局の先の信号で反対側に渡る…

がよろしいのではないかと思います。

 

信号を渡って進行方向左側の歩道を歩き出すと

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

こんな感じで赤い看板が見えてくると思います。

 

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

 

路線バス

路線バスを利用して向かう場合、「相模大野駅北口」バスターミナルで下車していただければ、あとは「駅から徒歩」と同じで全然大丈夫です。

もちろん、「相模大野駅南口」で下車しても駅の中を抜ければ全く同じで大丈夫です。

 

ただ、路線バスで相模大野駅北口方向へ向かう場合に、そのバスが「グリーンホール前」に停車するなら、そちらで降りたほうが早くなる可能性もあるとは思います。

相模大野駅北口方面へ向かうバスの「グリーンホール前」バス停は距離的には「鈴木ラーメン店」から230m程度で、相模大野駅から歩くのとほぼ同じ距離です。

「グリーンホール前」バス停から相模大野駅までの道が混むかどうかではありますが。バスが相模大野駅までにかかる時間分ぐらい早く到着できる可能性はありますね。

あとは行幸道路の信号のタイミングもありますが。

 

また、「鈴木ラーメン店」からバスでお帰りになる場合は、始発バス停で乗車することにこだわらなければ、市営立体駐車場の1階にある「グリーンホール前」バスターミナルが最寄りとなります。

こちら向きのバスターミナルは行幸道路の信号をわたったところすぐになりますので、100mあるかないかといった近さになります。

 

クルマ

相模大野の街ナカですので、専用駐車場などは準備されていませんが、近隣にはコインパーキングなどが多数ありますので、それらを利用することで、クルマでも「鈴木ラーメン店」に向かうことができると思います。

目の前にもコインパーキングがありますのでそちらをご利用になられても良いとは思いますが近いですし。周辺よりちょっとだけ高いような気もしますので、行幸道路を渡ったところの市営立体駐車場の利用も検討されても良いかもしれません。

こちらは2023年12月現在、30分150円となっています。

屋根付きになりますので、季節や天候によってはむしろこちらを選びたいということもあるとおもいます。

ほかにも駅周辺にはコインパーキングが多数あり、中には現在は安価にとめられるところもありますが、コインパーキングの料金は目まぐるしく変わりますので、ご利用の際には十分注意してくださいませ。

傾向としては、相模大野駅北口から国道16号線寄りの駐車場が少々安いような気はします。2023年12月現在、20分100円といったところもあるようです。

 

周辺地図はこちらになります。

 

 

営業案内など

「鈴木ラーメン店」さんには公式WEBサイトこそありませんが、頻繁に更新されているX(Twitter)の公式アカウントがあります。

毎日の営業時間などの情報が営業日の午前中には掲載されますので、「鈴木ラーメン店」訪問前には是非とも確認しておきたいところです。

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

店頭に貼ってあった営業時間です。

これに加えて臨時で営業変更などがある場合はX(Twitter)に掲載されるようです。

ちなみに支払いには現金のほかPayPayも使えますが、その場合は券売機を使わずに、店員さんに直接申し出る必要があります。

 

 

食べてきた

平日の夜に訪問しました。

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

外に並ぶ列の5番目に並びました。

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

ということですので待たせていただきます。

しばらくすると「○名様どうぞ~」「○名様どうぞ~」と呼ばれて店内へ入っていきます。

自分も呼ばれましたので入店。

 

ドアを開けると左手に食券券売機がありますので食券を購入いたします。

店員さんに手渡しして着席。

 

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

お冷やはセルフとなっています。

 

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

店内はカウンター席のみ11席だと思います。

厨房側向きと店外側向きの背中合わせになりますが、スペースに余裕があって、椅子にリュックと上着をかけてもまだ通路には余裕がある感じでした。

 

しばらくしてやってまいりました

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

どどん。

美味しさ間違いなしのやつがきましたよ。

本日は「背脂煮干」を注文しました。

こちらのメニューと「煮干中華そば」が基本の2メニューだと思うのですが、背脂の有無以外にも、「背脂煮干」は平打太麺、「煮干中華そば」は中細麺といった違いがあります。

 

そんなわけで本日は平打太麺となっております。

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

不器用なりに持ち上げてみます。

このモッチモチとした麺が伝わりますでしょうか…。

こちら「肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店」さんでは、麺は自家製麺となっておりまして、「毎朝気候に合わせて麺打ちしています!」(Xのプロフィール文章より)とのことです。

ほんとに麺が、麺自体がとても美味しいんですよ。むしゃむしゃ食べたくなっちゃう感じ。

 

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

こちらは券売機のトッピングメニューでは「ばら海苔」と記載されている海苔です。岩海苔のようなものだとおもいますがこれがまた美味しいのです。

自分は海の方におでかけに行っても自分用のお土産に岩海苔買っちゃうぐらいにはこういった海苔が好物なものでとても嬉しい限りであります。

 

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

メンマさんです。

濃すぎない ややあっさり目の味付けでスープによく合います。

 

肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店(相模原市南区)

チャーシューさんです。

基本ラーメンでもこれだけしっかり乗ってきます。

口の中で旨味がじゅわっと広がる美味しいお肉です。

 

そしてスープは煮干しだけでなくいろいろなおだしを使っているようです。

一口目の感想は「美味しい沖縄そばのスープのようだ」と思いました。

背脂もたっぷり乗っていますが決してくどいとか言うことはなく、どんどん飲んでしまいそうなスープなんです。

 

自家製麺の麺と、煮干しだけではなくいろいろなだしが重なったスープが絶妙なバランスで組み合わさっている「鈴木ラーメン店」のラーメンは、ラーメンが好きな方ならきっとみなさん美味しいと思うのではないでしょうか。

 

というわけで大変美味しく頂きました。

次来た時は「煮干中華そば」を注文します(どっちも好きなので交互に頼んでいるらしい)。

ごちそうさまでした。

 

食べてきた(2)

週末のお昼時に訪問しました。

店頭に到着できたのが11時05分ぐらいでした。

開店が11時でしたので、最初のターンのお客様が入られたぐらいでしょうか。

鈴木ラーメン店(相模原市南区)

列の先頭から数えて6番目に並びました。
ちょっと待って入店できました。

 

今日は「煮干し中華そば」のターンなのでそちらを注文。

鈴木ラーメン店(相模原市南区)

わーい。

写真画像を見るだけでも美味しさが思い出されます。

 

鈴木ラーメン店(相模原市南区)

なんとなくアップで。

チャーシューの肉の厚みと、スープのキラキラがおわかりいただけますでしょうか。

 

鈴木ラーメン店(相模原市南区)

こちらのラーメンは麺が中細麺となります。

これはこれですごく美味しいのです…幸せ。

 

まとめ

相模原市南区相模大野にある「肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店」について書いてみましたがいかがでしょうか。

相模大野を代表する煮干し系ラーメンの人気店」ということが伝わったら幸いです。

気になることがみつかった方は是非当ブログ内の各ジャンルの記事にも飛んで読んでいただけたら嬉しいです。

相模原市南区に興味を持っていただき、また、この記事を読んでいただいてありがとうございました。